俳優になる為のスクールを探そう

芸能関連の職業

芸能関連の職業

俳優やモデル、歌手などのタレントを支える芸能関係の仕事にはどんなものがあるのかみていきましょう。
まず一番接する機会が多いのはマネージャーなどのタレント事務所のスタッフです。
事務所の採用試験を受けて入社し配属されるというパターンが普通です。
時間も不規則で礼儀作法に厳しいので、相当のやる気と体力が求められます。
次に接する機会が多いのはテレビや映画などの制作プロダクションのスタッフです。
プロデューサー、構成作家、カメラマン、照明、音声など、専門分野が別れていて、これらの仕事に就くには各専門の技術が学べるコースのある大学や専門学校で学び、映像制作プロダクションや映画制作会社へ入社して経験を積んでいくことが必要です。
芸能人ともっと身近に接する仕事としてヘアメイク、メイクアップアーティスト、衣装などの職業が挙げられます。
これらも専門の知識と技術、資格が必要なので、専門学校に入って身につけます。
卒業後はアーティストレップとも言われるエージェント会社に所属し、現場に派遣されることとなります。
その他にも、舞台制作やタレントを取材するリポーターや雑誌編集者など芸能関連の仕事は多岐にわたっています。
芸能人を輝かせる縁の下の力持ちのような職業もこのようにたくさんあるのです。

芸能人になる方法

芸能人になる方法はいくつかありますが、その中でよく聞かれるのがスカウトです。
渋谷や原宿などの若者が多い街やコンサート会場などでスカウトマンが声をかけるというものですが、そこから売れっ子芸能人になるのはとても狭き門です。
それよりも確率が高いのは、芸能プロダクション主催のオーディションを受けることです。
まずは自分がどのプロダクションに向いているか考え、応募書類を送りましょう。
有名なオーディションは自薦のほか他薦でもOKな場合があります。
顔写真・上半身・全身の写真が必要な場合が多いので、自然体のプロフィール写真を何種類か用意しておきましょう。
書類選考に通ったら実技試験を受け、合格したら事務所と契約することができます。
もう一つは、プロダクション付属の養成所に入るという方法があります。
レッスン料がかかりますが、演技やダンスの実力がつくことでデビューへの近道となります。
それに加えて同じ夢を持つ仲間と切磋琢磨することができるのも魅力です。
養成所の段階から仕事のオーディションを受け、合格するとデビューとなります。
芸能人は古来から人に芸を見せることを仕事にしている人のことを指します。
演技や歌・ダンスなどの能力の他に、自分だけの得意分野と胸を張れる一芸を持っていると仕事の範囲が広がることでしょう。

ホーム
新着情報

◎2017/10/12

芸能人の流出写真
の情報を更新しました。

◎2017/6/8

芸能界でデビューするには
の情報を更新しました。

◎2017/1/16

芸能関連の職業
の情報を更新しました。

「芸能 俳優」
に関連するツイート
Twitter